ファッション

伊藤忠が繊維製品の回収・再利用に本腰 リサイクルのベンチャーと描く循環構想

有料会員限定記事

 伊藤忠商事は今年3月、鹿児島県薩摩川内市のエコミットと業務提携を発表し、繊維製品の回収サービス「ウェア・トゥ・ファッション」をスタートした。小売店や自治体から回収した使用済み衣類や事業者からの繊維廃棄物などを回収・選別しリユース、リサイクルするもので、これまでにはるやま商事、ジュン、エストネーションなど約30社が参加している。

 エコミットは、年間6000トンの廃棄衣料品を扱う2007年創業のリサイクル業者だ。回収後は70%をリユースし、30%はサーマルを含むリサイクルへ。強みは選別工程のノウハウや独自開発の回収管理システムで、回収時点で重量を測定し、運搬距離や処理方法によりCO2排出量を自動で算出する。回収・分別での効率を上げると同時に、焼却とリユースやリサイクルのCO2発生量の比較が可能になり、環境負荷低減を可視化することにつながるという。

 回収後はダメージ具合やアイテムなどを基準に150種類に選別し、国内リユースショップや海外卸などへ販売している。分類するのは人の手。大きな負担だからこそ肝だと川野輝之エコミットCEOは言う。「分類せずに“ミックス”で卸した方が手っ取り早いが、それをしたら卸先で“ゴミ”になる可能性が高い。それを避けるために独自のガイドラインで分類し、ニーズに合った卸を行っている」。

この続きを読むには…
残り570⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。