ファッション

この秋冬は大胆な“深スリット”に注目!【2022-23年秋冬トレンド】

 スリットがいっそう大胆になってきました。2022-23年秋冬シーズンは、切れ込みが腰近くまであるタイプが多数のハイブランドから登場。歩いたときに脚がしっかり見えることでフェミニン濃度がアップするだけでなく、凜々しさや美脚も印象に残ります。スリットによって軽やかさを引き出せるのは、秋冬スタイリングのメリットです。

 “深スリット”は、今シーズンのセンシュアルなテイストが勢いづく流れにもマッチ。スリット部分を着こなしのポイントに生かす試みも目立ちます。例えば「トム フォード(TOM FORD)」は、深いスリットの隙間からグリーンのタイツをのぞかせて、脚を“差し色”に活用しました。カラフルなレッグウエアでスリットをムードメーカーに役立てる演出です。同色のエレガントなウェッジソールで軽快さも織り込みました。今回は、有力ブランドの秋冬ルックから、真似したいスリット使いの好例を選んでみました。

マニッシュなアウターで甘辛バランスを調整

 

 深スリットはセクシーな印象が強いので、視線をそらすスタイリングで目立ちすぎないように生かすのが賢い整え方。アイキャッチーなジャケットは、全体のバランスを整える効果大です。マニッシュなタイプなら、ジェンダーミックスに仕上がります。

 「エトロ(ETRO)」の抽象柄のワンピースは、左脚の正面に大胆なスリットが入っています。切りっぱなしのようなスリットがワイルド味を帯びています。ミリタリー風のアウターは、ゴージャスなゴールドの刺繍を施し、リュクスなたたずまいに。カラートーンをベージュとブラウン系でまとめて、全体をなじませています。

センシュアルなレザーは“隠す”と“見せる”を交差

 レザー(合皮含む)で仕立てたスカートはフェティッシュさが格別ですが、スリットが入ると、さらにセンシュアルな見え具合に。ボトムスに色香が漂うため、トップスは露出を抑えるのがグッドバランスに導く配分です。

 「ヌメロ ヴェントゥーノ(N°21)」は、レザー仕立てスカートの正面に深々とスリットを走らせ、ダイナミックに演出。つややかなレザーの質感がなまめかしさを醸し出しています。一方で、トップスはストレッチ素材を生かした、肌にピッタリ沿う“セカンドスキン”タイプ。ハイネックに加え、指先までおおっているので、素肌が見えるのは顔と脚だけ。レッグラインを引き立てるスタイリングです。

クラシックなスーツもフェミニン度アップ

 思い切ったスリットはグラマラスなパーティーウエアのイメージがありましたが、近ごろは出番が広がってきました。“きちんと感”の強いスーツなどのアイテムにも進出。カッチリした装いに意外性をもたらしてくれます。

 「スポーツマックス(SPORTMAX)」のスカートスーツは、正統派のムードを帯びながら、スカートにはしっかりとスリットが入っています。ブラトップを重ねたようなテーラードジャケットは、ボタンが見えない比翼仕立て。共生地のネクタイも締めて、品格を印象づけているからか、スリットも上品に見える仕掛け。ネクストトレンドに浮上しているネクタイを使った“タイドアップ”に、適度なフェミニンさを添えたアレンジです。

量感コントラストでめりはりを強調

 スリットの入ったボトムスを引き立てるには、上半身にボリュームをつくるスタイリングが役立ちます。秋冬は、ダウンやファーコートなどの防寒アウターを使うことで、上下でボリュームの落差を際立たせたコーディネートがかないます。

 ゴージャスでボリューミーなファーコートを取り入れたのは、「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」。ハイネックのコンパクトトップスとの対比が生きて、たっぷりのファーが細見えを引き出すという、計算されたスタイリングです。シャープな印象を添えているのは、チェック柄のスカートに加えた斜めの深スリット。太ベルトを合わせて、ウエストのくびれを強調。サイハイのストレッチブーツでスレンダーな脚線を描き出しています。

スリット強調で、あえて色香をまとう着こなしも

 スリット本来のイメージを押し出して、色香をまとう選択肢もあります。肌見せスポットを増やしたり、脚に視線を呼び込んだりといった演出を加えると、妖艶なムードを濃くできます。

 ベロア風のつややかな生地で仕立てたワンピースに、腰近くまでスリットを入れたのは「ブルマリン(BLUMARINE)」。ストッキングもピンク系でそろえて、女性らしさを薫らせました。さらに、濃いピンクのガウン風コートを合わせることで、グラデーションコーデが完成。ファーの襟付きカーディガンとファークラッチで温もりをプラスし、ロマンチックなディテールで飾られたヘッドアクセサリーとシューズで一段とムードを濃くしました。

 見慣れたワンピースやスーツも、深いスリットを加えると、今までとは違った雰囲気に様変わり。脚に視線が集まるだけに、レッグウエアや靴でイメージを操れます。ミニ丈のボトムスより肌見せの面積が狭いので、“大人フェミニン”を打ち出しやすいのに加え、タイツやブーツと合わせれば、寒さをしのぎながら動きのあるスタイリングがかないます。かさばって見えがちな秋冬の装いから重たさをそぎ、さっそうとした脚さばきを印象づけやすいので、秋支度にぜひ活用してみてはいかがでしょう。


その他のコーデもチェック!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。