ファッション

海外ブランドに学ぶ、ジーンズの格上げスタイル【2022-23年秋冬トレンド】

 デニムの勢いが増しています。さまざまなシルエットや加工デニムが登場して選択肢が広がっていますが、大人が取り入れやすいのはビンテージ風のタイプ。デニムにありがちな“普段着感”“ストリート系”とはひと味違うスタイリングで格上げしたいところ。そんな着こなしのお手本として、ハイブランドの2022-23年秋冬ルックが新発想のコーディネートに導いてくれそうです。

 例えば、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は、ハイライズのゆったりしたジーンズをランウエイに送り出しました。ジーンズをタンクトップにした異形のトップスと合わせて、見慣れたデニムの上下コンビネーションにサプライズを仕掛けました。今回は、残暑のうちから取り入れたくなるような、意外性のあるデニムコーデをピックアップしました。

すっきりセンシュアルな
“ダメージ加工×セカンドスキン”

 ダメージ加工を施したジーンズは、ストリートなムードが出やすいボトムスです。大人っぽく着こなす鍵は、トップスで上品テイストを添えること。“ダメージ×きれいめ”のミックスが効果的です。

 「ジバンシィ(GIVENCHY)」は、ダメージ加工をしっかり施したジーンズに、コンパクトな白トップスをチョイス。ポイントは、タイトなシルエットのトップスを選んだ点。体にぴったり沿う“セカンドスキン”のトップスが、センシュアルなムードを醸し出しています。どこか近未来的なサングラスもデニムの格上げに効果的です。

デニム on デニムは
ボリュームのコントラストを強調

 上下デニムのセットアップは、まとまりが出やすく、支持の高いスタイリングのひとつ。上下のボリュームをずらすと、見た目の印象に新しさを添えてくれます。

 「ディーゼル(DIESEL)」のデニムonデニムは、裾がほつれたディテールが目を引きます。ほつれ具合が、切りっぱなしより変化に富んでいます。ショート丈のジャケットの裾下からのチラ腹見せでトレンドを演出。コンパクトなジャケットと、ゆったりしたジーンズが醸し出すボリュームのコントラストが動きを加えています。上下のアンバランスさが、鮮度を加えてくれました。

ワイドジーンズとレイヤードで
ボヘミアンスタイルに

 たっぷりしたシルエットのワイドジーンズは締め付けられないので、気楽にまとえます。全体をボヘミアンテイストに整えれば、のどかな見え具合になり、コージーなスタイリングにぴったりです。

 ヒッピーとハイストリートのミックスに仕上げたのは、「ディースクエアード(DSQUARED2)」。キーアイテムは、ワイドジーンズ。ローブ風のロング丈のアウターを重ねて、落ち感を引き出しました。主張の強いネックレスも合わせて、ボヘミアン気分を濃厚に。ヘルシーなチラ腹見せを生かした、往年のロックスターを思わせるたたずまいに仕上がりました。

シンプル×個性派は
デニムルックでも鉄板

 シンプルなジーンズは、主張が強いトップスと合わせてインパクトを加えれば、個性を帯びた着こなしにまとまります。

 「ミッソーニ(MISSONI)」は、さわやかな表情の色落ちジーンズを披露。適度なビンテージ感があり、きれいめに着こなしたい人向きのボトムスです。「ミッソーニ」ならではのジグザグ模様のニットトップスをウエストインして、すっきりとコーディネート。ハートバックルのベルトも相まり、どこか70年代を思わせるムードに。足元からのぞくウエスタンブーツでさりげなく強さも主張しています。

グラマラスな大人ストリートは
ビジュー使いがポイント

 ジーンズ特有の見慣れた印象を変えるには、リッチなアクセサリーやビジューを生かす手があります。デニムとキラキラしたディテールが響き合い、意外な表情を生み出します。

 「MSGM」は、ビンテージ風ジーンズの前面にビジューをたっぷりあしらいました。流れ落ちるようなキラキラしたパーツがリュクスな雰囲気を際立たせ、ボトムス1着でストリートラグジュアリーを表現できます。さらに、スエットパーカを合わせることで、気負わないリラックスしたムードも投入。黄色のポインテッドトーのシューズも、差し色効果を発揮しています。

 ビンテージ風ジーンズの新しい着こなしでは、これまでとはひと味違う相性を試すスタイリングが決め手に。ボリュームやレイヤード、ビジュー使いなどのバリエーションが、ジーンズから別の表情を引き出します。デニムブームが続いているだけに、愛着の1本に新しいスタイルを楽しんでみませんか。


その他のコーデもチェック!