ファッション

「タグ・ホイヤー」が旗艦店を並木通りに移転 引き続き中央通りと2店舗体制で

 スイスの高級時計ブランド「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」の旗艦店、「エスパス タグ・ホイヤー 銀座」が16日、銀座5丁目から並木通りに移転リニューアルオープンする。場所は、同じくLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下のフランスのジュエラー「フレッド(FRED)」銀座本店の跡地。18年にオープンした中央通りの「タグ・ホイヤー 銀座 ブティック」との銀座2店舗体制を継続する。

 オープンに合わせて、新作のトゥールビヨン・クロノグラフモデル“タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T ナノグラフ”を国内初展示し、予約を受け付ける。同モデルは、世界で初めて自社開発・製造したカーボン製ヒゲゼンマイを使ったムーブメントを搭載するトゥールビヨン。価格は274万5000円。

 内装はグレーのグラデーションの中に赤を差し色使いしたもので、時計の購入者にはスペシャルギフトをプレゼントする。

■エスパス タグ・ホイヤー 銀座
オープン日:3月16日
時間:月〜土曜日 12:00~20:00 / 日曜日・祝日 11:00~19:00
定休日:第2火曜日
住所:東京都中央区銀座6-7-16

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。