ニュース

セイコーが創業地の銀座に新施設「セイコードリームスクエア」を開業

 セイコーウオッチが創業地である銀座に、ミュージアムやエンターテインメントを備えた地上4階の小売施設「セイコードリームスクエア」を12月20日にオープンする。これにより同社は、銀座4丁目の銀座和光(セイコーウオッチの前身である旧服部時計店)、銀座7丁目のセイコープレミアムブティック 銀座、ギンザ シックス(GINZA SIX)内のセイコーブティックと、銀座に4つの拠点を持つことになる。

 1階のミュージアムでは、セイコーウオッチのシンボルである銀座和光の時計塔内部をコンセプトにした展示を行う。売り場は2~4階で、2階に「プロスペックス(PROSPEX)」、3階に「プレザージュ(PRESAGE)」と「ルキア(LUKIA)」、4階に「アストロン(ASTRON)」をラインアップする。内装やデザインもフロアごとに大きく異なる。セイコーの主力4ブランドのみの展開で、単独ブランド化を図った「グランドセイコー(GRAND SEIKO)」などは取り扱わない。

 各ブランドの世界観が特別な演出により体験でき、購入したアイテムはオリジナルの風呂敷や手拭いで包装される。広報担当者は「2020年に向けてますます世界の視線を集める銀座の中心で、セイコーブランドの新たな発信拠点としたい」と述べた。

■セイコードリームスクエア
オープン日:12月20日
時間:10:30~19:00
定休日:無休
住所:東京都中央区銀座4-4-10