ファッション

スウォッチ グループがバーゼル出展取り止め 世界最大の時計フェア開催危機

 スウォッチ グループ(SWATCH GROUP)のニック・ハイエック(Nick Hayek)最高経営責任者 (CEO)が7月28日付けのスイスの地元紙「ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング(Neue Zurcher Zeitung、以下NZZ)」のインタビューで、2019年3月開催予定のバーゼルワールド2019に出展しないことを表明した。時計・宝飾業界の関係者にとって1年の中で最も重要なイベント、世界最大の時計宝飾フェアの存続が危ぶまれている。同グループは、「オメガ(OMEGA)」や「ブレゲ(BREGUET)」「ブランパン(BLANCPAIN)」「グラスヒュッテ・オリジナル(GLASHUETTE ORIGINAL)」「ジャケ・ドロー(JAQUET DROZ)」「ロンジン(LONGINES)」「ラドー(RADO)」「ミドー(MIDO)」「ハミルトン(HAMILTON)」「ティソ(TISSOT)」「カルバン・クライン ウォッチ(CALVIN KLEIN WATCH)」の時計ブランドを出展する、フェアの中心的存在だった。

 ハイエックCEOは出展中止の理由を、「SNS等のネットメディアの普及で、フェア出展にかつてのようなPR効果はなくなったから」などと述べている。

 この撤退が、19年のバーゼルワールドに与える影響は計り知れない。なぜなら最近は「エルメス(HERMES)」や「ブライトリング(BREITLING)」のように、フェアへの出展中止や、出展先の変更を実施・検討する時計ブランドが少なくないからだ。スウォッチ グループの撤退だけでも、時計バイヤーやジャーナリストにとっての、フェアの魅力は半減する。運営会社MCHの運営方針次第では今後、同様の決断をする時計ブランドはかなりの数にのぼるだろう。最悪の場合、来年のバーゼルワールドは中止に追い込まれる可能性もありそうだ。

 「バーゼルワールド」は、3月にスイス第2の都市バーゼルで開催されるフェア。「ロレックス(ROLEX)」「パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE)」などの老舗ブランドから個人時計師まで多彩な時計ブランドが出展する。最盛期の出展ブランドは、1400強。今年は約650まで削減し、ラグジュアリー路線を模索していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。