ファッション

「オメガ」の新作ダイバーズに見た「実用」に徹底的で愚直な姿勢

 皆さん、おはようございます。取材先のバーゼルと、滞在先のチューリッヒ。その道中の1時間で、書ける限りの記事を書いてみようという時計連載の第4回、今回は「オメガ(OMEGA)」でいってみましょう。

 突然ですが、皆さんの「オメガ」のイメージって、なんですか?「映画『007』シリーズ」という大人もいるでしょうし、「オリンピック」というスポーツファンもいるでしょう。そのほか「アポロ」「ダイバーズ」と答えるアナタも正解。「オメガ」は、世界最大の時計企業スウォッチグループ(SWATCH GROUP)のメガブランド。多くのファンを抱えているので、いろんな顔があるんです。

 ちなみに僕が最近驚いたのは、レディス時計の“トレゾア(TRESOR)”。クォーツのレディス時計は、正直「オメガ」から出てきたとは思えないくらい(⁉︎)、ファッショナブル!!クォーツで価格を抑えた分ベゼルはダイヤで彩られ、とても美しいのです。オメガのレイナルド・アッシェリマン(Raynald Aeschlimann)社長兼最高経営責任者は、「“トレゾア”は、時計でありアクセサリーだ」と話します。このブランドから、そんな言葉が飛び出すなんて、驚きでした(笑)。“トレゾア”の広告ビジュアルは驚きのモノトーン!!くわえてモデルはシンディ・クロフォード(Cindy Crawford)の娘、カイア・ガーバー(Kaia Gerber)で、撮影はピーター・リンドバーグ(Peter Lindbergh)でした。というように最近、「オメガ」は「ファッション」という顔も有しています。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら