ファッション

ファッション最高峰の「シャネル」は、時計も独自の美意識で大胆不敵

 皆さん、おはようございます。取材先のバーゼルと、滞在先のチューリッヒ。その道中の1時間で、書ける限りの記事を書いてみようという時計連載の第3回、今回は「シャネル(CHANEL)」です。ファッション最高峰の「シャネル」は、時計の世界でも頂点を極めようと、毎年スゴい新作を続々発表しています。が、時計ブランドと違うのは、やっぱり「シャネル」の時計はファッションであり、その美的感覚は時計専業ブランドには存在しないものだったり、思い浮かぶものでさえなかったりすること。今日は、そんなお話です。

 「シャネル」の今年一番の新商品は、まるでブレスレットな“コード ココ(CODE COCO)”です。

 これは、みんなが「シャネル」と聞いた時に思い浮かべるあのキルティングバッグ“2.55”のクラスプ、いわゆる留め金が着想源。あの留め金が、そのまま時計のデザインになっているのです。付け方も、フラップを被せてクラスプをパチンと回転させるだけのバッグと全く一緒!セラミックやステンレススチールのブレスレットは、キルティングパターンで、バッグの“2.55”が、時計になったらこんなカンジです。

 スゴいのは、留め金が文字盤の中央にドカンと居座っちゃったところです。この発想、時計ブランドからは絶対出てこないものです(笑)。だって時計ブランドにとっての文字盤は、顔のような存在。キレイに作った文字盤はしっかり見せたいと思うのが人情ですし、業界では「視認性」という価値のもと「文字盤は、なるべくハッキリ&スッキリ見せる」が当たり前になっています。

 でも、究極言い切ってしまえば、正しい時刻はスマホで知ることのできる時代。特に今の女性は、時刻を知るためだけに時計を身につけているワケではないでしょう。「シャネル」は、そんな女心を一番よく知っています。だったらアイコンを一番よく見える場所、時計における指原莉乃ポジションに置いちゃえ!というのが“コード ココ”の考え方です。見るたびに、「『シャネル』な自分」にウキウキしちゃう、時計でありアクセサリーな一本です。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら