ニュース

「オメガ」と五輪、パートナー関係を100年間継続

 時計の「オメガ(OMEGA)」は、オリンピックとのパートナーシップ契約を2032年まで延長すると発表した。これで、「オメガ」とオリンピックのパートナーシップ契約は1932年以来、100年間続くことになる。この間に「オメガ」は、27回にもわたり、オリンピックのオフィシャル・タイムキーパーを担当。スターティングピストルや競泳用のタッチパッド、1秒間に1万枚のデジタル画像を撮影する写真判定カメラなどの計時装置を開発・導入している。

 「オメガ」を傘下に持つスウォッチ グループのニック・ハイエック(Nick Hayek)最高経営責任者は、「オリンピックは、世界で最もエモーショナルなイベントの一つ。『オメガ』は光栄にも、こうした感動の一翼を、コンマ1秒、たった数ミリを計測することで担ってきた。この伝統が100年間続くことを喜ばしく、誇りに思う」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら