ファッション

タカシマヤ ウオッチメゾン 大阪が初年度売り上げ60億円達成

 2016年11月3日にオープンしたタカシマヤ ウオッチメゾン 大阪は、初年度売り上げ目標の60億円を達成した。中心価格帯は80万〜100万円台で、売上高のトップ5ブランドは「ロレックス(ROLEX)」「パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE)」「ウブロ(HUBLOT)」「リシャール・ミル(RICHARD MILLE)」「フランク ミュラー(FRANCK MULLER)」だった。いずれも主力シリーズの売り上げシェアが大きく、特に「ロレックス」は“コスモグラフ デイトナ”、「パテック フィリップ」は“カラトラバ”、「フランク ミュラー」は“ヴァンガード”、「ウブロ」は“ビッグ・バンスチール セラミック”や「ベルルッティ」とのコラボモデルが人気を集めた。インバウンドの売り上げシェアは約18%で、東京・日本橋のウオッチメゾンの約9%の2倍をマーク。売り上げ比率はメンズが約65%、ウィメンズが約35%だった。

 タカシマヤ ウオッチメゾン 大阪は高島屋大阪店5階に「日本最大級の売り場面積を誇る時計専門売り場」としてオープン。売り場面積は約1100平方メートルで62ブランド約3000点の商品数をそろえる。「カルティエ(CARTIER)」「オメガ(OMEGA)」「ロレックス」「リシャール・ミル」など11ブランドをショップインショップ形式で展開し、充実した商品構成を実現。また、幅広い客層に向けてセレクトゾーンを設け、日本初上陸の「アーミン・シュトローム(ARMIN STORM)」や複雑機械式時計、スポーツ、ジュエリーウオッチなどをそろえている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら