ファッション

タカシマヤ ウオッチメゾン 大阪が初年度売り上げ60億円達成

 2016年11月3日にオープンしたタカシマヤ ウオッチメゾン 大阪は、初年度売り上げ目標の60億円を達成した。中心価格帯は80万〜100万円台で、売上高のトップ5ブランドは「ロレックス(ROLEX)」「パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE)」「ウブロ(HUBLOT)」「リシャール・ミル(RICHARD MILLE)」「フランク ミュラー(FRANCK MULLER)」だった。いずれも主力シリーズの売り上げシェアが大きく、特に「ロレックス」は“コスモグラフ デイトナ”、「パテック フィリップ」は“カラトラバ”、「フランク ミュラー」は“ヴァンガード”、「ウブロ」は“ビッグ・バンスチール セラミック”や「ベルルッティ」とのコラボモデルが人気を集めた。インバウンドの売り上げシェアは約18%で、東京・日本橋のウオッチメゾンの約9%の2倍をマーク。売り上げ比率はメンズが約65%、ウィメンズが約35%だった。

 タカシマヤ ウオッチメゾン 大阪は高島屋大阪店5階に「日本最大級の売り場面積を誇る時計専門売り場」としてオープン。売り場面積は約1100平方メートルで62ブランド約3000点の商品数をそろえる。「カルティエ(CARTIER)」「オメガ(OMEGA)」「ロレックス」「リシャール・ミル」など11ブランドをショップインショップ形式で展開し、充実した商品構成を実現。また、幅広い客層に向けてセレクトゾーンを設け、日本初上陸の「アーミン・シュトローム(ARMIN STORM)」や複雑機械式時計、スポーツ、ジュエリーウオッチなどをそろえている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら