ニュース

ソニーとセイコーがスマートウオッチ分野で初コラボ

 ソニーは、スマートウオッチブランド「ウェナリスト(WENA WRIST)」の新モデルとして、セイコーとコラボレーションした2モデルを発表した。両社の協業は初で、ソニーストアとソニーのECサイトで数量限定で販売する。

 セイコーの登山用デジタルソーラーヘッドを装着したアウトドアスマートウオッチ“セイコー ウェナリスト アクティブ デジタルソーラーヘッド”(5万9880円)はすでに販売中で、機械式時計がベースの“セイコー ウェナリスト プロ メカニカルヘッド”(8万9880円~)を11月27日に発売する。

 ソニーは2016年に世界で初めて、腕時計のバンド部分に着信やメールの通知、電子マネー、活動ログなどの機能を搭載した「ウェナリスト」を発表した。バンド部分をソニーが、時計部分をシチズンが製作している。

 セイコーは130年以上の歴史を持ち、6ケタ表示のデジタルウオッチなど数々の「世界初」を発信してきた。