ファッション

セイコーがビームスやアローズとコラボ、数量限定フィールドウオッチを発売

 セイコーウオッチが手掛けるスポーツウオッチブランド「セイコー プロスペックス(SEIKO PROSPEX)」は、コンサルティングファーム、LOWERCASEの梶原由景の監修で、数量限定モデルを含む計8機種のフィールドウオッチを9月22日から全国で順次発売する。

 レギュラーモデルの他、ニューヨーク発ブランド「フリーマンズ スポーティング クラブ(FREEMANS SPORTING CLUB)」、ビームス(BEAMS)、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、ジャーナル スタンダード(JOURNAL STANDARD)とコラボレーションした別注モデルをそろえる。別注モデルはそれぞれ限定生産だ。価格は3万7000〜4万5000円。

 同シリーズは、クラシカルなデザインとフィールドウオッチとしてのタフさが特徴だ。針の形状や時間を示すアラビア数字のフォントは、セイコーのヒストリカルモデルから着想を得ている。ムーブメントには衝撃に強いプロテクターを使用し、手首のスムーズな動きを助ける4時位置リュウズや20気圧防水などを備える。タウンユースを想定して引き通し方式のストラップを用いるなど、コンパクトかつ軽量に設計されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。