ニュース

「バリー」とラッパーのスウィズ・ビーツ企画再び “X線アート”のショック-1とコラボ

 スイス発の「バリー(BALLY)」は、音楽プロデューサーでラッパーのスウィズ・ビーツ(Swizz Beatz)との協働プロジェクトとして、X線写真をモチーフにしたストリートアートを描くアーティスト、ショック-1(SHOK-1)とコラボレーションしたカプセル・コレクションを各国の「バリー」店舗とオンラインサイトで発売した。ショック-1が手掛けたハンドサインや昆虫、80年代のビデオゲーム「パックマン」が着想源の“コンシューマー(Consumer)”を施したシューズやウエア、バッグ、キャップなどの小物類をそろえる他、チャッカブーツ風スニーカーの“バリー シエスタ(BALLY SIESTA)”を銀座店のみで36足限定で発売する。価格帯はスニーカーが2万5000~5万6000円、ウエアはトップスが2万~5万6000円、アウターが7万3000~32万4000円、パンツが4万~19万4000円、小物類が5000~4万円。デザインについてショック-1は、「自分が好きな1980年代後半以降のヒップホップでは、よく『バリー』についてラップされていた。当時に立ち返るような気持ちで今回のコレクションを制作した」と語る。

 「バリー」とスウィズによるプロジェクトは、グラフィック・アーティストのリカルド・カボロ(Ricardo Cavolo)を迎えたコレクションに続いて今回で2度目。1度目はスウィズが自身のSNSで「バリー」のスニーカーを投稿したことをきっかけに実現した。投稿のファンからの反応を見て、アートコレクターでもあるスウィズが「バリー」へアプローチしたという。「1度目はカラフルなアイテムを多くそろえた。今回は、シンプルなカラーリングのアーティストを起用したかった。このプロジェクトでの自分の役目は、『バリー』のイメージをひっくり返すことだ」とスウィズは説明する。

 フレデリック・ドゥ・ナープ (Frederic de Narp)=バリー最高経営責任者は「80年代、『バリー』はニューオーリンズを中心としたヒップホップカルチャーの中に根付いていた。スイス発のラグジュアリー・ブランドとして高い品質にこだわる『バリー』と、音楽やアートのクオリティーにこだわるアーティストには親和性があったのかもしれない。彼らと共にブランドの歴史に根付いた、ピュアでリアルなコレクションは一般的なコラボと一線を画す」と期待する。

 なお、カプセル・コレクション発売を記念して渋谷にショック-1が手掛けた巨大なストリートアートが展示されている他、「バリー」銀座店の2階ではショック-1の日本初となる個展を行っている。