ファッション

「バリー カフェ」のオープン記念パーティー 安西ひろこや舞川あいくが世界観を体感

 スイスのブランド「バリー(BALLY)」の世界初のカフェ「バリー カフェ(BALLY CAFE)」が9月30日、銀座旗艦店2階に期間限定オープンした。

 「バリー カフェ」は、ニューヨークを代表するラッパーのスウィズ・ビーツ(Swizz Beats)をプロデューサーに迎えたコラボレーションコレクション「バリー カフェ × スウィズ・ビーツ」の世界観が体感できるスペース。コレクションのデザインや会場内のキャラクターは、スペイン出身のアートディレクター、リカルド・カボロ(Ricardo Cavolo)が手がけた。

 初日には、オープンを記念したパーティーを開催。安西ひろこ、舞川あいく、瀬戸あゆみ、女子高生ミスコン初代グランプリの永井理子ら多くのモデルやタレント、インフルエンサーが来場し、コラボコレクションの世界観を体感。カフェでは、見た目も鮮やかな5種類のノンアルコールカクテルなどのドリンクメニュー、リカルドが描くキャラクターがあしらわれたムースなどのデザートメニューが提供された。

 「バリー カフェ」は10月9日をもって終了している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら