ファッション

1階で時計を売らない体験型ブティック「セイコードリームスクエア」が銀座にオープン

 セイコーウオッチは、新業態のブティック「セイコードリームスクエア」を20日、銀座にオープンした。4フロアで売り場面積は185平方メートル。初年度売り上げ目標は非公表。室内でもタイムゾーン修正ができるGPSシミュレーターや、深海の映像と人感センサーを組み合わせてダイバーズウオッチの世界を体験できる仕掛けなど、徹底して「体験」を押し出しているのが特徴だ。

 銀座の一等地にありながら、1階に商品を置いていないことも特筆すべき点だろう。「セイコーサテライトミュージアム」と称し、店内にグループ保有のランドマークである銀座和光の時計塔の内部を再現した。ここでは歴代モデルやセイコーウオッチの歴史を知ることができる。また、職人が彫金や組み立てをデモンストレーションするスペースも設けている。

 服部真二セイコーホールディングス代表取締役会長兼グループCEOは、「『セイコードリームスクエア』の名は、セイコーウオッチの“夢”を創業の地である銀座から発信したいとの思いから私が付けた。携帯電話やスマホの普及もあり、腕時計の存在意義が薄れてきて早20年――それでもなお、腕時計市場は拡大傾向にある。それは小さなケースの中に、壮大な夢を内包しているからだろう」と述べた。

 2階に「プロスペックス(PROSPEX)」、3階に「ルキア(LUKIA)」と「プレザージュ(PRESAGE)」、4階に「アストロン(ASTRON)」をラインアップし、「まずは1階で、われわれのことを知ってもらったうえで商品をご覧いただきたい」とした。

■セイコードリームスクエア
オープン日:12月20日
時間:10:30~19:00
定休日:無休
住所:東京都中央区銀座4-4-10

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。