ファッション

LVMH傘下の「タグ・ホイヤー」など4ブランドが世界最大の時計見本市を離脱 崩壊が決定的に

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)が、世界最大の時計見本市「バーゼル・ワールド(BASEL WORLD)」と決別する。2月に離脱を発表していたLVMH傘下の「ブルガリ(BVLGARI)」に加えて、やはり同傘下の「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」「ウブロ(HUBLOT)」「ゼニス(ZENITH)」の3ブランドも2021年1月に開催予定の「バーゼル・ワールド(BASEL WORLD)2021」への不参加を発表した。主要ブランドが続々と離脱し、「バーゼル・ワールド」の崩壊が決定的になった。

 理由としてLVMHは、4月14日に「ロレックス(ROLEX)」「パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE)」「シャネル(CHANEL)」「ショパール(CHOPARD)」「チューダー(TUDOR)」の5ブランドが同見本市からの離脱を発表したことを挙げ、「100年以上にわたり毎年参加してきた『バーゼル・ワールド』を離れなければならないことを残念に思う。しかし存在価値が明らかに低下し、参加者も減少するであろう状況下で、われわれのイメージ、さらにはバイヤーやメディアとの友好な関係を維持するために決断した」とコメントした。

 LVMH傘下の4ブランドは、今後数週間のうちに新作の発表方法などについて決定するというが、21年4月に行われる、もう一つの世界的時計見本市「ウオッチ&ワンダー ジュネーブ(WATCHES & WONDERS GENEVA、旧S.I.H.H.)」と足並みをそろえるものと思われる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら