ファッション

7社ジュエラートップが語る デジタルでハイジュエリーを売る時代 後半

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」8月17日号のハイジュエリー特集2020では、コロナ時代のハイジュエリービジネスについて7社トップから話を聞いた。通常は7月にフランス・パリで開催されるオートクチュール・ファッション・ウイークで新作ハイジュエリーを発表するジュエラーが多いが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でデジタル形式での発表に切り替えたところが多かった。ここでは、各ブランドの新作ハイジュエリーおよび、本紙のハイジュエリー特集で紹介できなかったインタビュー内容を盛り込み2回に分けて紹介する。後編は「ショーメ(CHAUMET)」「ブシュロン(BOUCHERON)」「ポメラート(POMELLATO)」3社のトップに話を聞いた。

【ショーメ】
ジュエリーは人間関係の象徴で一対一の関係強化が課題

この続きを読むには…
残り3886⽂字, 画像8枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら