フォーカス

7社ジュエラートップが語る デジタルでハイジュエリーを売る時代 前半

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」8月17日号のハイジュエリー特集2020では、コロナ時代のハイジュエリービジネスについて7社トップから話を聞いた。通常は7月にフランス・パリで開催されるオートクチュール・ファッション・ウイークで新作ハイジュエリーを発表するジュエラーが多いが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でデジタル形式での発表に切り替えたところが多かった。ここでは、各ブランドの新作ハイジュエリーおよび、本紙のハイジュエリー特集で紹介できなかったインタビュー内容を盛り込み2回に分けて紹介する。前編は「カルティエ(CARTIER)」「ブルガリ(BVLGARI)」「ミキモト(MIKIMOTO)」「タサキ(TASAKI)」4社のトップに話を聞いた。

【カルティエ】
デジタルを通じて顧客との
ユニークでより親密な関係を構築

WWD:新作ハイジュエリー“シュルナチュレル(SURNATUREL)”の見どころは?

アルノー・カレズ(Arnaud Carrez)=カルティエ インターナショナル コミュニケーション&マーケティング ディレクター(以下、カレズ):世界各地の顧客に向けて新作ハイジュエリーをバーチャル・プレゼンテーションで紹介した。コロナ感染拡大で今年は対面のイベントの開催ができないが、世界中の顧客との関係を維持するために異なる方法をとるしかなかった。フランス・パリの映像スタジオから、“シュルナチュレル”のテーマに着想を得て新作のデジタルプレゼンテーションを行ったのは初めてのことだ。テクノロジーのお陰でわれわれの顧客は、自然に対する現実の制限から解放された「カルティエ」の唯一無二のビジョンに存分に魅了されたはずだ。

WWD:コロナによる富裕層の消費傾向やマインドセットの変化についてどう考えるか?

カレズ:顧客の消費傾向の変化は明らかだ。ソーシャル・ディスタンシングのため、顧客はよりデジタルフォーマットやオンラインプラットフォームを活用するようになり、自宅または自宅から近い場所で商品を購入している。デジタルイベントは対面のイベントの代役というわけにはいかないが、われわれの顧客とのクリエイションをユニークでより親密な方法でつなげる役割を果たしている。

この続きを読むには…
残り2998⽂字, 画像6枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら