ファッション

国産レザースニーカー「スピングルムーヴ」がキャットストリートに直営店オープン

 国産レザースニーカーの企画・製造・販売を行うスピングルカンパニーは9月18日に、「スピングルムーヴ(SPINGLE MOVE)」の国内4店舗目となる直営店を東京・原宿のキャットストリート沿いにオープンする。

 店舗面積約35平方メートルの店内では、ブランドを代表するカンガルーレザーを用いた“SPM-110”や最新モデルの“SPM-442”をはじめ、新商品や限定モデルを多数そろえる。スタッフによる一対一のフィッティングサービスに力を入れ、自分だけの一足をオーダーできるイベントなども開催予定だ。また、修理やメンテナンスなどのカスタマーサービスも充実させる。

 「スピングルムーヴ」は2001年1月に広島県府中市の自社工場で誕生したレザースニーカーブランド。バルカナイズ製法を採用し、アッパー素材には多種多様な革を用いてその素材感を生かしたファッション性と快適な履き心地を備えたアイテムを提案する。

■SPINGLE MOVE cat street stage ZERO
オープン日:9月18日
時間:平日11:00~19:00 / 土日・祝日 11:00~20:00
定休日:年中無休
住所:東京都渋谷区神宮前 6-18-3 1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら