ファッション

TASAKIが欧州初の旗艦店をロンドンに出店 ジュエラーが軒を連ねるニューボンド・ストリート

 TASAKIは1月22日、ヨーロッパで初の旗艦店をロンドンのニューボンド・ストリートにオープンした。ニューボンド・ストリートは、「カルティエ(CARTIER)」や「ブルガリ(BVLGARI)」「グラフ(GRAFF)」などの店舗が軒を連ねる高級ショッピング街だ。地上6階、地下1階の計7フロア(約466平方メートル)の地上1~3階が店舗フロアで、3階はVIPフロアになっている。銀座本店のデザインを継承しながら、ブランドカラーのホワイトやグリーン、シルバー、ブランド独自の素材“サクラ ゴールド”をイメージしたピンクなどの大理石と金属を組み合わせ、ロンドンの街並みに調和するようにデザインしている。

 同店舗では、「タサキ(TASAKI)」のクリエイティブ・ディレクターのプラバル・グルン(Prabal Gurung)がデザインを手掛ける“タサキ アトリエ”や各ジュエリーラインをはじめ、高級ウオッチの“タサキ タイムピーシズ”、 店舗のオープンを記念したハイジュエリーコレクションの“ブリリアント グレース”など幅広くラインアップする。

 TASAKIはパリの高級ホテル「リッツ パリ(RITZ PARIS)」内にもサロンを運営しており、ロンドン旗艦店のオープンにより欧州におけるブランドの存在感をさらにアップさせる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら