ファッション

TASAKIが欧州初の旗艦店をロンドンに出店 ジュエラーが軒を連ねるニューボンド・ストリート

 TASAKIは1月22日、ヨーロッパで初の旗艦店をロンドンのニューボンド・ストリートにオープンした。ニューボンド・ストリートは、「カルティエ(CARTIER)」や「ブルガリ(BVLGARI)」「グラフ(GRAFF)」などの店舗が軒を連ねる高級ショッピング街だ。地上6階、地下1階の計7フロア(約466平方メートル)の地上1~3階が店舗フロアで、3階はVIPフロアになっている。銀座本店のデザインを継承しながら、ブランドカラーのホワイトやグリーン、シルバー、ブランド独自の素材“サクラ ゴールド”をイメージしたピンクなどの大理石と金属を組み合わせ、ロンドンの街並みに調和するようにデザインしている。

 同店舗では、「タサキ(TASAKI)」のクリエイティブ・ディレクターのプラバル・グルン(Prabal Gurung)がデザインを手掛ける“タサキ アトリエ”や各ジュエリーラインをはじめ、高級ウオッチの“タサキ タイムピーシズ”、 店舗のオープンを記念したハイジュエリーコレクションの“ブリリアント グレース”など幅広くラインアップする。

 TASAKIはパリの高級ホテル「リッツ パリ(RITZ PARIS)」内にもサロンを運営しており、ロンドン旗艦店のオープンにより欧州におけるブランドの存在感をさらにアップさせる。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら