ファッション

TASAKIがアーカーを買収しグローバル展開を加速

 日本を代表するジュエリー企業であるTASAKIは12月4日、若い女性に人気のアーカー(AHKAH)の株式取得について同社と合意した。この合意により、アーカーはTASAKIの連結子会社になる。

 アーカーは1997年に福王寺朱美・代表が設立。“日常生活で着けやすいジュエリー”というコンセプトとオリジナリティーあふれるクリエイションが若い女性層に高い支持を得ている。TASAKIは、パールをはじめ、ダイヤモンドなどジュエリーの素材の生産から加工、販売までを一貫して手掛けるジュエラーで、パリ・ヴァンドーム広場のリッツ パリ内に直営店であるタサキ・オ・リッツ・パリを運営するなど、グローバルに展開をしている。今年9月には、ニューヨークが拠点のデザイナーであるプラバル・グルン(Prabal Gurung)を新ライン“TASAKI アトリエ(TASAKI ATELIER)”のクリエイティブ ディレクターに採用した。

 今回の子会社化により、より幅広い年齢層への訴求および、素材調達から店舗展開などさまざまな点でのメリットが見込まれる。田島寿一TASAKI社長は「このパートナーシップによって両ブランドの持つアセットの共有によるシナジーが期待できる」とコメント。アーカーの福王寺代表は「われわれの“世代を超え、国境を越え、時代を超えるブランド”というビジョンの達成を加速化できる」と述べている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら