ファッション

2022年上半期、全国百貨店別の好調ラグジュアリーブランドランキング【神奈川〜福岡編】

有料会員限定記事

 百貨店の特選(ラグジュアリーブランド)売り場が絶好調だ。では、具体的にどの百貨店でどのブランドが売れているのか。なぜそのブランドが支持されているのか。【北海道〜東京編】に続き、【神奈川〜福岡編】を公開する。なお、文中のパーセンテージは前年同期比で、小数点以下は四捨五入している(この記事は「WWDJAPAN」2022年8月29日号別冊付録の定期購読者特典「ビジネスリポート」からの抜粋です。「ビジネスリポート」にはより詳しい情報も掲載しています)。


そごう横浜店 プレステージブティック

トッズ(TOD’S)
 86%増 バッグ“T タイムレス ショッピング”の人気継続と共に、メンズ、ウィメンズでローファーが稼働。雑誌での露出も多く、それらを見て来店する客も多かった。

フェンディ(FENDI)
 36%増 バッグ、革小物の人気に加え、話題性の高い“フェンダーチェ”商品が外商向け催事で稼働し売り上げを底上げした。ファーコートは例年より苦戦したものの、他アイテムでカバーした。

シャネル(CHANEL)
 26%増 継続的な定番バッグの好調に加え、新作の“シャネル22”のトートバッグが好調。またガブリエル・シャネル展の開催に合わせた上顧客向けの企画も奏功。22-23年秋冬のスタートも好調のため後半戦も期待大。


高島屋横浜店

この続きを読むには…
残り3567⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。