ファッション

全国百貨店で好調だったラグジュアリーブランドは? 神奈川〜福岡編(2021年下半期)

有料会員限定記事

 コロナ禍で海外旅行を控える富裕層は、引き続きラグジュアリーブランドを買い続けている。では、どんなブランドが売れているのか。全国百貨店の特選売り場に7〜12月に好調だったブランドを聞いた。なお、文中のパーセンテージは前年同期比で、小数点0.1以下は四捨五入している。(この記事は「WWDJAPAN」2022年2月28日号付録の定期購読者特典「ビジネスリポート」からの抜粋です。「ビジネスリポート」にはより詳しい情報も掲載しています


そごう横浜店

「フェンディ(FENDI)」
 29%増。外商顧客向けの催事で、300万円前後のエキゾチックレザーのバッグなどが好調。フリー客にはアイコンバッグの“ピーカーブー”が継続して売れた。

「シャネル(CHANEL)」
 22%増。11月の改装オープン効果で顧客売り上げが活性化。ターゲット1人1人へのパーソナルアプローチにより、クルーズのウエア・雑貨共に高稼働。バッグは新規、買い替え共に堅調。

この続きを読むには…
残り3278⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら