ファッション

全国百貨店で好調だったラグジュアリーブランドは? 北海道〜東京編(2021年上半期)

有料会員限定記事

 度重なる緊急事態宣言で苦境に立たされている百貨店だが、実は特選・宝飾売り場は前年はもちろん、コロナ禍前の前々年を超える勢いのところが少なくない。続く株高と海外への渡航規制で、富裕層の消費は国内での消費に向いているようだ。

 では、どんなブランドが売れているのか。全国百貨店の特選売り場に1〜6月に好調だったブランドを聞いた。中には前年実績を2倍以上上回るブランドも。活況を呈している。なお、文中のパーセンテージは対前年同期比で、小数点0.1以下は四捨五入している。(この記事は「WWDJAPAN」2021年8月30日号付録の定期購読者特典「ビジネスリポート」からの抜粋です。「ビジネスリポート」にはより詳しい情報も掲載しています

この続きを読むには…
残り3213⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら