ファッション

「イケア」がオンラインで24時間フェスティバルを開催 ヴァージル・アブローも出演

 「イケア(IKEA)」は初の24時間オンラインイベント“IKEA Festival(イケア フェスティバル)”を日本時間の9月16日15時から開催する。公式サイトから無料で視聴可能だ。

 イベントは音楽や食、インテリアなどいくつかのジャンルに分かれている。音楽プログラムでは、ニキ(NIKI)やマセーゴ(Masego)ら歌手が自分の住むコミュニティの紹介を含めたパフォーマンスをするほか、ケイトラナダ(KAYTRANADA)やロレイン・ジェイムス(Loraine James)らDJが自宅からセットを配信する。インテリアデザイナー、イルゼ・クロフォード(Ilse Crawford)ら著名人の自宅を公開する“家の訪問”、ポール・スヴェンソン(Paul Svensson)ら有名シェフによるクッキングショーなど「イケア」らしい暮らしをテーマにしたプログラムも用意。同社とコラボレーションの経験があるヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)は、同社の従業員やコラボレーターと“イケアニュース”に出演し、世界中の店舗や「イケア」の裏側を紹介する。

 配信は主に英語で、一部のプログラムには日本語字幕を用意する予定だ。

◼︎イケア フェスティバル
日程:2021年9月16日15時~17日15時
場所:オンライン(公式サイトから)
参加費:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら