ファッション

「イケア」が200点以上の人気商品を値下げ 1万円以下のベッドフレームや1000円以下のサイドテーブルなど

 「イケア(IKEA)」は29日、200点以上の商品の値下げを発表した。対象商品は、小物から家具までさまざまで、時計や温度計、タイマーなどとして使用できる“クロッキス”は税込299円(旧価格349円)、ワゴン“ロースフルト”は2999円(3799円)、布張りベッドフレームの“スラットゥム”が9990円(1万4900円)、ベッドサイドテーブルの“クナレヴィーク”が999円(1299円)など。長引く“おうち時間”を充実させるのにぴったりのアイテムがそろう。

 同ブランドは“デモクラティックデザイン”にこだわり、形、機能、品質、サステナビリティ、低価格という5つのキーワードを元に商品を企画する。製品のデザインや梱包の無駄を省く大量生産によって、スケールメリットを出す。今回値下げした商品は全て人気アイテム。繰り返し量産する過程で、効率化などを行うことでコスト削減を図った。また、サプライヤーからの直接輸送など輸送料も低く抑えることで価格に反映した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら