ファッション

「イケア」が200点以上の人気商品を値下げ 1万円以下のベッドフレームや1000円以下のサイドテーブルなど

 「イケア(IKEA)」は29日、200点以上の商品の値下げを発表した。対象商品は、小物から家具までさまざまで、時計や温度計、タイマーなどとして使用できる“クロッキス”は税込299円(旧価格349円)、ワゴン“ロースフルト”は2999円(3799円)、布張りベッドフレームの“スラットゥム”が9990円(1万4900円)、ベッドサイドテーブルの“クナレヴィーク”が999円(1299円)など。長引く“おうち時間”を充実させるのにぴったりのアイテムがそろう。

 同ブランドは“デモクラティックデザイン”にこだわり、形、機能、品質、サステナビリティ、低価格という5つのキーワードを元に商品を企画する。製品のデザインや梱包の無駄を省く大量生産によって、スケールメリットを出す。今回値下げした商品は全て人気アイテム。繰り返し量産する過程で、効率化などを行うことでコスト削減を図った。また、サプライヤーからの直接輸送など輸送料も低く抑えることで価格に反映した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら