ファッション

ファッション界注目の「ボルトルーム」主催のゲーム大会に山田涼介やKing Gnu、HIKAKINらが参加 「エーペックス」のカスタムマッチ開催

 東京発の招待制ゲームルーム「ボルトルーム(VAULTROOM)」は、人気ゲーム「エーペックスレジェンズ(APEX LEGENDS以下、エーペックス)」のカスタムマッチ“VCC APEX”を8月6日20時に開催する。使用マップは“ワールズエッジ”で、計20チームが5試合を戦う。メンバーは、Hey!Say!JUMPの山田涼介、King Gnuの井口理と新井和輝、清水翔太、Repezen FoxxのDJふぉい、10-FEETのTAKUMAらミュージシャンをはじめ、人気ストリーマーのStylishNoobやSHAKA、はつめのほか、人気Vチューバーの葛葉や渋谷ハル、ユーチューバーのHIKAKINら計60人が参加する。ツイッターでは、山田涼介の初参加も影響し、“VCC APEX”と“山田くん”のツイートがトレンド入りした。

 今回のカスタムマッチ“VCC APEX”の参加賞は、「エーペックス」を製作するアメリカのエレクトロニック・アーツ(ELECTRONIC ARTS)から許諾を得て製作した、同ゲームのロゴが両面に付いたロングTシャツだ。また各試合のチャンピオンチームには、「エーペックス」の“A”ロゴを象ったリングがプレゼントされる。

 「ボルトルーム」の土井郁輝オーナーは、「“VCC APEX”は、友達の友達までが集まる飲み会と同じテンションで開催しているので、勝ち負けよりもただ楽しんでもらいたい。ストリーマーやVチューバー、ミュージシャンが同じチームで戦う大会を開催したかったので、今回実現できてうれしい」とコメントした。

 「ボルトルーム」は、土井オーナーら4人が始動した、東京に2拠点、福岡に1拠点を構える日本最大級のゲームコミュニティーだ。普段は有名ブランドのアパレルを製造する土井オーナーの知見を生かしたオリジナルグッズも注目を集めており、今年6月にオープンしたECサイトでは発売と同時に全商品が完売した。またそれらのグッズは、セレクトショップのGR8(グレイト)でも販売し、発売日には約300人が並んだという。定期的に開催するカスタムマッチでは毎試合、オリジナルのアパレルグッズをプレゼントしており、ユーザーからも注目を集めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら