ファッション

「アンリアレイジ」が「スーパーマリオ」とコラボ “ハテナブロック”を服にするとどうなる?

 森永邦彦がデザインする「アンリアレイジ(ANREALAGE)」は、任天堂の「スーパーマリオ」とコラボレーションした商品を販売する。秋物の立ち上がりに合わせて、7月30日から8月15日まで渋谷パルコの「アンリアレイジ」直営店で先行予約を受け付けている。パルコは6月25日からの“パルコ グランバザール”に合わせ、60以上のブランドで「スーパーマリオ」とのコラボ商品を企画するキャンペーンを行っており、「アンリアレイジ」×「スーパーマリオ」もその一環。

 今回のコラボ商品も「アンリアレイジ」らしいギミックがたっぷり。「スーパーマリオ」のゲームではおなじみの“ハテナブロック”型の立方体は、広げるとロングスリーブTシャツ(2万4200円=税込)になるという仕掛け。球体や立方体のボディーに沿わせて作った服を、人が着るとどんなドレープが生まれるか、という「アンリアレイジ」の定番シリーズから派生させたアイデアだ。

 他に、フラッシュ撮影などによって発色する再帰性反射素材で、ゲームに登場するキノコやコイン、スターの柄をプリントしたTシャツ(8800円)や、樹脂にドライフラワーを閉じ込めたiPhoneケース(8800円)を企画した。期間中、渋谷パルコの「アンリアレイジ」でコラボ商品を含む3000円以上の商品を購入した客には、先着でハンドタオルをプレゼントする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら