ファッション

「インティミッシミ」渋谷店2階アートスペースでMIHO MURAKAMI展 美しいグラフィックと色彩は必見

 イタリア発ランジェリー「インティミッシミ(INTIMISSIMI)」の渋谷文化村通り店2階のアートスペースで第4弾の展覧会を開催している。今回のアーティストは、MIHO MURAKAMI。彼女は、「アイシービー(ICB)」や「アメリ(AMERI)」などのファッションブランドとのコラボレーションをはじめ、パッケージのグラフィックデザインや阪急うめだ本店のウインドーディスプレーを手がけるなど幅広く活躍。キュレーションは、新進気鋭のアートギャラリーのシータグ(CTAG)が担当した。

 MURAKAMIは、ヒョウやトラ、ヘビなどの動物や植物をモチーフに、アナログとデジタルを融合させた作品を制作。手書きのスケッチを元にコンピューターグラフィックで仕上げられた作品の一つ一つは、有機的なラインと精緻なディテール、そして、落ち着いた独特なカラーパレットが特徴だ。手描きの温もりを残しつつグラフィッカルなタッチで仕上げられているのでモダンでありながらも、和洋問わずさまざまな空間にしっくり馴染む作品ばかり。展示作品の価格は、7万7000~22万円。カフェが併設されているので、コーヒー片手に気軽にアートを楽しむことができる。 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。