ファッション

「インティミッシミ」渋谷店2階アートスペースでMIHO MURAKAMI展 美しいグラフィックと色彩は必見

 イタリア発ランジェリー「インティミッシミ(INTIMISSIMI)」の渋谷文化村通り店2階のアートスペースで第4弾の展覧会を開催している。今回のアーティストは、MIHO MURAKAMI。彼女は、「アイシービー(ICB)」や「アメリ(AMERI)」などのファッションブランドとのコラボレーションをはじめ、パッケージのグラフィックデザインや阪急うめだ本店のウインドーディスプレーを手がけるなど幅広く活躍。キュレーションは、新進気鋭のアートギャラリーのシータグ(CTAG)が担当した。

 MURAKAMIは、ヒョウやトラ、ヘビなどの動物や植物をモチーフに、アナログとデジタルを融合させた作品を制作。手書きのスケッチを元にコンピューターグラフィックで仕上げられた作品の一つ一つは、有機的なラインと精緻なディテール、そして、落ち着いた独特なカラーパレットが特徴だ。手描きの温もりを残しつつグラフィッカルなタッチで仕上げられているのでモダンでありながらも、和洋問わずさまざまな空間にしっくり馴染む作品ばかり。展示作品の価格は、7万7000~22万円。カフェが併設されているので、コーヒー片手に気軽にアートを楽しむことができる。 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら