ビジネス

伊ランジェリーの「インティミッシミ」から初のアクティブウエア 手頃でかわいい、サステナブルなアイテム

 イタリア発ランジェリーブランド「インティミッシミ(INTIMISSIMI)」が、ブランド初のアクティブウエアライン“イン アクション(In Action)”を発売した。 “ソフト”と“ハード”の2軸で、本格的なワークアウトウエアから普段使いもできるヨガウエアまで、カラーバリエーション豊かなスポーツブラやレギンスを12アイテムそろえた。日本のECサイトでは4月現在ブラトップのみを取り扱っている。価格は4990〜5990円。素材には環境負担を考慮したリサイクルピリアミドQ-ノヴァ(Q-nova)やオーガニック スピーマ コットン、海藻から作られたシーセル(SeaCell)を組み合わせたマイクロファイバーを使用した。

 ローラ・ゲスイート(Laura Gesuito)米「インティミッシミ」「カルツェドニア(CALZEDONIA)」ブランドマネジャーは、「パンデミックを経て、女性のファッションに大きな変化があった。今は快適さに加えて、ウエルネスを優先するファッションに重点が置かれている。アクティブウエアは多くの女性にとって欠かせないものとなった。『インティミッシミ』はランジェリーのブランドなので、アクティブウエアが中心になることはないが、女性が本当に必要だと思うものを提供するのは大事なことだ。同コレクションは、素肌に優しい生地で構成されている。手頃な価格で高品質な製品の提供を心掛けている」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら