ビジネス

カルツェドニア、19年度は4.7%増収 国外市場を強化

 イタリア発のレッグウエアブランド「カルツェドニア(CALZEDONIA)」、ニットウエアの「ファルコネリ(FALCONERI)」、ランジェリーの「インティミッシミ(INTIMISSIMI)」などを擁するカルツェドニア・グループは2019年12月期決算の速報として、売上高は前期比4.7%増の24億1000万ユーロ(約2892億円)だったと発表した。

 同社は国外市場への進出を強化しており、19年に新規オープンした188店のうち138店が中国、ロシア、フランス、日本などイタリア国外だった。19年12月時点での販売拠点は合計4859カ所で、その3103カ所がイタリア国外にあるが、ヨーロッパの主要市場では売り場の統廃合を計画しているという。なお、売り上げの56%が国外と輸出によるものだった。

 同社はECにも力を入れており、19年はテクノロジー関連に2億ユーロ(約240億円)以上を投じている。また10月25日には、ケリング(KERING)が主導する環境保護を目的とした「ファッション協定(The Fashion Pact)」に署名している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら