ビューティ

コーセーが業績予想を下方修正 新型コロナウイルスの影響も

 コーセーは、2020年3月期の連結業績予想を下方修正した。中国・武漢での新型コロナウイルスによる免税売り上げや免税チャネルへの影響、国内の消費増税による駆け込み需要の反動減などが要因で、当初計画を下回ると判断した。修正後は売上高が3360億円(修正前は3520億円)、営業利益が450億円(同540億円)、経常利益が461億円(同547億円)、純利益が300億円(同371億円)となる。

 事業別では化粧品事業を2575億円(同2733億円)に、コスメタリー事業を745億円(同747億円)に修正し、その他事業は当初計画通りの40億円。

 同社は先日、観光客が多い首都圏を中心とした一部店舗での接客時におけるタッチアップの自粛を発表していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら