ビジネス

ZOZO株が大幅安 時価総額はピークの3分の1に

 ZOZO株が下落している。2月3日の終値は、前日比で13.22%安の1582円と大幅安になった。1月31日に発表した2019年10〜12月決算で営業利益が前年同期比42.0%減と大幅減益になり、投資家からの売り注文が相次いだ。時価総額は5000億円を割り込み、最高値だった18年7月18日の1兆5052億円から比べると3分の1に落ち込んだ。

 減益の主な理由は暖冬と増税で冬物が売れず、さらに「ZOZOチャンピオンシップ(PGAゴルフツアー)」や「バスキア展」といった大型プロモーションによるもの。ただ、19年10〜12月は商品取扱高(GMV)も同0.3%増と伸び悩んだ。コートなどの高価格帯の重衣料がメインの10〜12月に、平均出荷単価が同6.3%減の8973円と落ち込んだことも痛手だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら