ビジネス

女性誌「グリッター」などを発行するトランスメディアが事業停止

 帝国データバンクによると、女性ライフスタイル誌「グリッター(GLITTER)」などを発行するトランスメディアは1月27日に事業を停止し、29日に任意整理を的場徹弁護士(九段綜合法律事務所)ほか一名に一任した。負債額はまだ明らかになっていない。

 トランスメディアは2000年4月に設立。04年に「グリッター」を創刊し、07年6月には日本発のセレブリティー、ゴシップ情報誌として「ゴシップス(GOSIPPS)」を創刊。17年12月には復刊した「小悪魔ageha」の発売元となるなど、ファッションや芸能情報を中心とした関連書籍、雑誌を発行してきた。今回の事業停止に伴い、「グリッター」は現在発売中の2月号で休刊となる。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら