ファッション

光文社の「ヴェリィ」から富裕層メディア 対象は“ニューリッチ層”

 光文社が発行する「ヴェリィ」は、2020年春にラグジュアリー・メディア「ヴェリィ ネイヴィ(VERY NAVY)」(仮題)をスタートする。コンテンツは「ヴェリィ」の今尾朝子編集長が統括する。「ヴェリィ」の3、4、5、9、10、11月発売号に60ページ以上の別冊として付くほか、インスタグラムアカウントを開設。「ヴェリィ」のウェブサイト内にも同メディアのカテゴリーを設ける。

 「ヴェリィ ネイヴィ」のターゲットは子育てに奔走していた生活から、少し自分自身に向き合う余裕ができ、よりラグジュアリーなファッションやライフスタイルに関心が出てきた女性や、「ヴェリィ」の読者の中でもよりラグジュアリー志向の強い“新世代の富裕層”だ。表紙には11月7日発売の12月号で「ヴェリィ」のカバーモデルを卒業する滝沢眞規子を起用。母として、1人の女性として、日常にラグジュアリーを取り入れた都会的ファッションを提案していくほか、そういった女性が関心のある子どもの教育についてのコンテンツも発信する予定だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら