ビューティ

ヴァイス・メディアが米フェミメディア「リファイナリー29」を買収 企業文化は融合する?

 ニューヨークを拠点とするヴァイス メディア グループ(VICE MEDIA GROUP以下、ヴァイス)はこのほど、ミレニアル世代の女性向けメディア「リファイナリー29(REFINERY29)」を買収した。

 「リファイナリー29」はフィリップ・フォン・ボリース(Philippe von Borries)&ピエラ・ジェラルディ(Piera Gelardi)夫妻がクリスティーン・バーベリッチ(Christene Barberich)、ジャスティン・ステファノ(Justin Stefano)と共に2005年に設立。ビューティやファッション、ニュース、トレンド情報などを女性目線でカバーする。買収額は公表されていないが、媒体価値は以前500万ドル(5億3395万円)相当と見積もられていた。

 ナンシー・デュバック(Nancy Dubuc)=ヴァイス最高経営責任者(CEO)は、買収によりデジタルビジネス、およびeコマースと成長中のエージェントビジネスを強化していくという。「強いインディペンデントなオピニオンを持つメディア企業として、さらにグローバルで多様性のあるメディア企業の構築を目指していく」。

 フォン・ボリースとステファノ共同CEOは「今回のパートナーシップは、私たちのミッションとビジネスを力強く後押ししてくれるだろう。私たちはナンシーとヴァイス メディア グループと組めたことを誇りに思う。今後、カルチャーを形成するわれわれの役割をさらに拡大し、世界中の若者たちに良い影響を与えられると思う」とした。

 ヴァイスはシェーン・スミス(Shane Smith)前最高経営責任者の飲酒問題やヴァイス社内のセクハラ問題が度々報道されており、両社の企業文化がどう混じり合うかが鍵となる。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら