ビジネス

小学館の「美的」と「ダイム」がコラボ 男性向け美容企画「メンズ美的」が始動

 小学館の美容誌「美的」とトレンドマガジン「ダイム(DIME)」は、男性向け美容企画「メンズ美的」を3月15日にスタートさせた。同日発売の「ダイム」5月号と3月22日売りの「美的」5月号内のとじ込み企画として制作し、表紙には俳優の東出昌大を起用した。なお両誌がコラボレーションするのは初で、今後も誌面だけでなくさまざまな形で展開する。

 近年、「シャネル(CHANEL)」や「THREE」の男性用コスメラインが発表されるなど、メンズ美容の盛り上がりを受けて本企画を開始。「ダイム」はメンズ美容企画“男前プロジェクト”を2006年に実施しているが、今回はより専門的にスキンケアやグルーミング、美容機器などを扱い、女性からの視点も取り入れた内容になっている。

 「美的」の町田玲子編集長は、「コスメメーカーさんが男性向け商材を発表されるたびに、男性美容ブームの予感を感じる。『美的』読者である20~30代の女性が読んでも面白く、パートナーに教えてあげたくなるよう情報満載の特集を展開する」とコメントしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら