ビューティ

話題の「THREE」のメンズコスメ 実際試してビフォーとアフター比べてみました

 今からおよそ10年前、僕は「WWDビューティ」の創刊メンバーとして、特にビジネス分野を中心にビューティ企業を取材していました。振り返ればあの時から、ビューティ業界は毎年「今年こそメンズコスメ元年!」と宣言し、もちろん前年に比べれば売れつつも、だからと言って大爆発はしてこなかったメンズビューティを見つめている気がします。

 でも今年はいよいよ、「メンズコスメ元年」なのかもしれません。いや、そうに違いない!振り返ればこの春、田園都市線に乗車し何気なく目にした「RMK」のCMに男性が出演していた時は驚きでした。画面にしばしクギづけになった、危うく降りるはずの駅で乗り過ごしそうになったくらいです(笑)。そして今週は、あの「シャネル(CHANEL)」が94年の化粧品の歴史上初めてメンズのコスメラインをローンチすることを発表(その記事は、コチラから)。「WWD JAPAN.com」はコスメ大好きメンズの初川滉太くんをインフルエンサーに育成しようとしていることも手伝い(その様子は、コチラから)、最近、メンズコスメ、中でもベースやカラーメイクなどスキンケア以外のメンズビューティについて考える機会が増えてきました。

 ということで、今回は、大人気の「THREE」が9月にローンチするメンズの総合コスメ「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)」の発表会に行ってまいりました!最近は「ウカ(UKA)」に浮気しちゃうケースも多いのですが(笑)、「THREE」はシャンプー&コンディショナーで普段お世話になっているブランド。ファッション系PRの女子とはしばし、「『THREE』のラメの可愛さ」について盛り上がってしまう「ラブ!」なブランドです。そこからついに、カラーコスメまで含むメンズが登場する世の中になったとは……。ワクワクと、勝手にドキドキしながら、発表会の会場に向かいました。

 と、前置きがメチャクチャ長くなりましたが、今回は、「FIVEISM × THREE」体験レポートです。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら