ニュース

メンズスキンケア「バルクオム」のアパレルショップでの取り扱い増加 7月から「リチウム オム」で取り扱い開始

 メンズスキンケアブランド「バルクオム(BULK HOMME)」を取り扱うアパレル関連企業が増加している。2018年4月から「ザ スーツ カンパニー(THE SUIT COMPANY)」が一部店舗で販売し、7月13日からは、ファッションブランド「リチウム オム(LITHIUM HOMME)」が東京店、名古屋店の2店舗と公式オンラインストアで販売を始めた。「リチウム オム」では、洗顔料の「THE FACE WASH」(2000円)や、化粧水の「THE TONER」(3000円)をはじめとした14製品をそろえる。

 また8月1〜31日には、シップス(SHIPS)銀座店でポップアップストアをオープンする。同ポップアップは、メンズスキンケア市場に関心を持つシップスと、40代男性層への認知を広げたい「バルクオム」との思いが一致して実現した。期間中は製品の販売だけでなく、洗顔料の体験スペースも設置する。同ポップアップでは、「バルクオム」製品もしくは1万800円(税込)以上を購入した先着100人に、「バルクオム」の1日分のスキンケアキット「ONE DAY KIT」をプレゼントする。

 「バルクオム」は2013年に誕生したメンズコスメブランド。メンズスキンケアのベーシックを追求した製品を東急ハンズやロフトなどのバラエティショップの他、ヘアサロンなどで販売している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら