フォーカス

肌マネジメントで好印象に! 資生堂「ウーノ」のセミナーで感じた印象の大切さ

 こんにちは、初川滉太です。夏本番を迎え、日焼け止めが手放せない日々です。フォロワーは1530を超えました。

 先日、資生堂のメンズブランド「ウーノ(UNO)」が男性を対象に行ったスキンケアを学ぶセミナー「肌マネジメント講座」に参加させていただきました。肌が与える印象がビジネスシーンでも重要だと説明し、スキンケア方法を教えてくれるセミナーです。肌のコンディションがいい人は、日頃から細かい肌のお手入れができている=仕事もしっかりこなせる人、と見られるそうです。第一印象が重要なことはわかっていましたが、髪型と服装で決まるものと思いこんでいたので新発見でした。「ウーノ」はスキンケアを行い、肌状態を保っているビジネスマンを“美ジネスマン”と名付け、スキンケアを促しています。

 僕はインフルエンサーを目指していますが、インフルエンサーにも肌マネジメントは大事だと感じました。美容やファッション系のアカウントであれば、自分自身がモデルになることが多いので尚更です。肌が汚いインフルエンサーがスキンケアのアイテムを紹介していても、説得力がないですよね。僕なら美容系でもファッション系でも、肌がきれいなインフルエンサーに引かれます。これまで美容のいろいろな情報発信をしてきましたが、その説得力を高めるためにも、今まで以上にスキンケアに力を入れたいと思っています。

ㅤ そしてセミナーでは、日本がメンズスキンケアの発展途上国だという話もありました。僕は10〜20代の若者に対してメンズスキンケアを広めようとしているのですが、30代のビジネンマンにもこの思いを届け、“美ジネスマン”を増やすことができたら、すごく面白いと新しいアイデアも生まれました。

[instagram url="https://www.instagram.com/p/Bk-QpnIhM-u/"]