ニュース

もぎたてのマンダリンオレンジをイメージ 「プラダ」が新作フレグランスを発売

 「プラダ(PRADA)」は7月27日、調香師のダニエラ・アンドリエ(Daniela Andrier)が手掛けるフレグランスシリーズ「インフュージョン ドゥ プラダ」から、柑橘系の新作「マンダリン オーデパルファム」(100mL、1万5000円)を発売する。

 もぎたてのマンダリンオレンジをテーマに、皮をむいたときのはじけるような香りを体現。グリーンマンダリンとビターオレンジのトップノートはみずみずしい甘さとほろ苦さを作り、オレンジフラワーとネロリのミドルノートはフレッシュな香りを演出する。ベースノートには、ワインの香りづけなどにも用いられる植物のオポポナックスを使用し、ムーディーな要素を加えた。ボトルにはシリーズの既存ラインアップと同様、同ブランドのデザイナー、ミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)の祖父マリオ・プラダ(Mario Prada)が1913年にデザインした伝統的な紋章をほどこした。瓶底に配したオレンジ色のフィルムが、ボトルをほのかに彩っている。

 「インフュージョン ドゥ プラダ」はこれまでに、「イリス」「イリス シダー」「フルール オランジェ」「アマンド」「ウイエ」「ベチバー」「ミモザ」「ローズ」の8種類の香りを展開している。それぞれ香りを明確にイメージし、象徴的な天然由来の原料を使用しているのが特徴だ。