ファッション

「シャネル」から新香水 ヨーロッパの海辺の町へと誘う香り

 「シャネル(CHANEL)」は新フレグランスコレクション「レ ゾー ドゥ シャネル」全3種(各125mL、1万6000円)を25店舗と公式サイトで発売した。ココ・シャネル(Coco Chanel)が愛した3つの地からインスピレーションを得て、その地への旅へと誘う香りが特徴だ。

 調香は専属調香師のオリヴィエ・ポルジュ(Olivier Polge)が行った。「ドーヴィル オードゥ トワレット」は、ココが初めてブティックを開いた街であるフランスの海辺のリゾート地ドービルをテーマに、その地の情景を表現した。オレンジやバジルのトップノートから、ローズやジャスミンが香るフローラルノートへ転換していく。

 「パリ ビアリッツ オードゥ トワレット」は、ココが2店舗目を開いた海辺の町、ビアリッツがテーマ。サーファーやマリンスポーツの愛好家たちが集まり、海のエネルギーが強い土地であることから、3種の中では最も“水”をイメージした香りだ。グレープフルーツやマンダリンオレンジのトップノートから、シトラスとスズランのみずみずしいノートへ移る。

 「パリ ヴェニス オードゥ トワレット」は、「シャネル」初のジュエリーコレクションの着想源となったイタリアのベニスを描く。パリからイタリアへと向かうオリエンタル急行もイメージとして取り込んでいる。東洋の玄関口であるベニスのオリエンタルな雰囲気はシトラスをベースに、ネロリやレッドベリー、シダーウッドのアクセントを加えて表現。さらに体温で温まるとバニラが穏やかに香る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。