ファッション

過酷なインスタ活動生活に涙!? インフルエンサー候補生の葛藤とは

 こんにちは。昨年どこに夏服をしまったのか、毎年わからなくなる濱崎真実です。さて、この2週間で約100フォロワーが増え、フォロワー数は1600を超えました。2週間で、というよりは先日の週末3日間で100近く増えました。どういうことかと言うと、実は結構サボっていたんです。

 企画が始まった2月上旬は、どんなに時間をインスタに取られようと、睡眠時間が短くなろうと頑張っていました。最初だから意気込んでいた、というのもあります。しかし一番は、今与えられている環境、つまりインスタグラムやインフルエンサーマーケティングのプロからインフルエンサーになるためのノウハウを教えていただいていること、そして「WWD JAPAN.com」というメディアに記事を掲載してもらい、さまざまな人に私のことを知ってもらえることは私にとってすごく恵まれた機会です。この環境こそが、一番の原動力だったと思います。

 今もその環境に変わりはないし、自分の中でそれが当たり前になってしまったわけでもありません。では、なぜ頑張れなくなってしまったのでしょうか。

 まず1つに、最初のように必死で頑張っていた時の状態を続けることは、体力的にも精神的にも厳しくなったことです。特に精神面。四六時中インスタグラムのことを考え、暇な時間は全てインスタグラムに費やし、自由に使える時間はほとんどなく、作業が終わらなければ睡眠時間を削っていく。加工や投稿の作成には慣れても、気持ちの部分は慣れませんでした。よくわからないけど、とりあえずつらくて、涙がポロポロ溢れてくる……みたいなこともよくありました(笑)。

 時間的な余裕がないだけでなく、フォロワーも思うように伸びなかった時は「これだけ頑張ってるのに、1年後、何にもならなかったらどうしよう」と考える不安な日々が続きました。そのうち与えられた状況を失うとしても、もうやりたくない。そんな気持ちが大きくなってきて、だんだんサボるようになってしまったのだと思います。

 けれど、それではダメだと思ってやる気を取り戻し、少なくとも1日に必ず1投稿、「いいね」は当初と同じように1日300はつけるようになり、3日で100フォロワーが増えたんです。

 どうやってやる気を取り戻したかはまた次回お話しします!

[instagram url="https://www.instagram.com/p/Bkaat5IjtUL/"]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら