ビューティ

「べストコスメ」の裏側を見る スター製品を作り、育てる戦略がカギ【ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ファッションとビューティ、オフラインとオンラインを結びつける「WWDジャパン」がスタートするビューティ・インサイトは、「WWD JAPAN.com」のビューティニュースを起点に識者が業界の展望を語る。識者は、美容媒体の編集長やコンサルタント、エコノミスト、そしてサロンスタイリスト。ビューティ業界の半歩先は、ファッション業界の“道しるべ”にもなるだろう。今週は毎年恒例の各美容誌が発表するベストコスメについて。(この記事はWWDジャパン2021年1月18日号からの抜粋です)

今週の識者
弓気田みずほ/ユジェット代表・美容コーディネーター

 激動の2020年を締めくくる「ベストコスメ」が各所で発表された。アットコスメの「ベストコスメアワード」と美容誌「美的」「ヴォーチェ」「マキア」のベストコスメは選考プロセスもターゲットも異なるが、そこにはユーザーや記者の志向、さらにはブランドの思惑が色濃く表れている。今回はビューティ業界を代表する賞の背景と、ベストコスメに選ばれることの意味を考えたい。

アットコスメのアワードは「信頼の証し」

 アットコスメのベストコスメアワードは、新製品・既存品の別なく1年間に投稿された約100万件の口コミをもとに選ばれている。コロナ禍の中、対面でのカウンセリングや店頭のテスター設置が制限された状況で、口コミはユーザーにとってより大きなよりどころとなった。

この続きを読むには…
残り1887⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら