ビューティ
連載 ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望 第8回

身近な場所で旬のカラーが手に入る「プチプラコスメ」は「ファストコスメ」へ

有料会員限定記事

 ファッションとビューティ、オフラインとオンラインを結びつける「WWDジャパン」がスタートするビューティ・インサイトは、「WWD JAPAN.com」のビューティニュースを起点に識者が業界の展望を語る。識者は、美容媒体の編集長やコンサルタント、エコノミスト、そしてサロンスタイリスト。ビューティ業界の半歩先は、ファッション業界の“道しるべ”にもなるだろう。今週は身近な場所で手に入る“ファストコスメ”の話。(この記事はWWDジャパン2020年11月9日号からの抜粋です)

今週の識者
弓気田みずほ/ユジェット代表・美容コーディネーター

 コンビニ限定コスメは従来、セブン−イレブンで展開されているピアスの「パラドゥ(PARADO)」、ローソンの資生堂「インテグレート(INTEGRATE)」、ファミリーマートのカネボウ化粧品「メディア(MEDIA)」など、ナショナルブランドの延長線にあった。今回「ソポ(SOPO)」を企画するノインは化粧品ECプラットフォームとして急成長しているが、大手化粧品メーカーの主戦場だったコンビニでは全くの新規。ただ、「見たことのないブランドの、ちょっとおしゃれなメイクアイテム」という存在は、コンビニの環境では目を引く。さらに商品を購入してノインに会員登録すれば、サイトで使えるクーポンがつく。「ソポ」を入り口に、コンビニにノインの出店(でみせ)があるような仕組みは非常にクレバーだ。発売時点から全国1万6000店に展開という大胆さも、新規ユーザー獲得につながると思えば納得がいく。ファミリーマート側としても、食品のプライベートブランドで他社に後れを取っている状況の中、単価の高いコスメ領域でコンビニの利用頻度の高い女性客にアプローチできるメリットは大きいだろう。

この続きを読むには…
残り2216⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。