ビューティ

デジタル接客にも活躍 ARの未来へのインパクト【ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ファッションとビューティ、オフラインとオンラインを結びつける「WWDジャパン」がスタートするビューティ・インサイトは、「WWD JAPAN.com」のビューティニュースを起点に識者が業界の展望を語る。識者は、美容媒体の編集長やコンサルタント、エコノミスト、そしてサロンスタイリスト。ビューティ業界の半歩先は、ファッション業界の“道しるべ”にもなるだろう。今週は、AR(拡張現実)のビューティ&ファッション業界における可能性。(この記事はWWDジャパン2020年10月5日号からの抜粋です)

今週の識者
矢野貴久子/アイスタイル「BeautyTech.jp」編集長

 ここ2〜3年で、AR(拡張現実)バーチャルメイクアップは一気に普及した感がある。2016〜17年あたりから自撮りアプリに搭載されて使われるようになり、すっぴんでもフルメイクかのようなセルフィーが撮影でき、それをSNSに投稿することがトレンドになり一気に広まった。なかでも台湾のテクノロジー企業のパーフェクトによるアプリ「YouCam メイク」は、関連アプリも含めると世界で8億ダウンロードされている。

 パーフェクトはARバーチャルメイクの仕組みを、店頭のミラーやタブレット、ECなどに組み込んで、ブランド側が消費者にサービスを提供できるエンタープライズ版もリリースしており、世界で約200ブランドが契約している。ARバーチャルメイク関連のサービスではトップランナーだ。

この続きを読むには…
残り2249⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら