ビジネス

来店しない客に高額品をどう売る? 有力百貨店5社が模索するリモート接客や特選ブランドECの現在地

有料会員限定記事

 ブランドとの取引条件による制約などもあり、EC強化がなかなか進まなかった百貨店の販売手法。そうした状況をコロナ禍が急速に変えつつある。ここでは有力百貨店5社の特選売り場担当者に、2020年春夏(6~7月)の商況と各社が試行錯誤しているリモート接客やデジタルを活用した販売手法などについて聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年9月21日号からの抜粋に加筆しています)

この続きを読むには…
残り3513⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら