ビューティ

「東京レインボープライド2024」に参加するビューティ企業まとめ LVMH、ユニリーバ、ファンケルなど


「東京レインボープライド2024」が4月21日まで、代々木公園イベント会場で開催中だ。イベントを通じて、性的指向や性自認に関わらず全ての人が、差別や偏見にさらされることなく、より自分らしく、前向きに生きていくことができる社会の実現を目指す。LGBTQをはじめとするセクシュアル・マイノリティーの存在を社会に広め、「“性”と“生”の多様性」を尊重する狙いもある。

ここでは、LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・ジャパン(以下、LVMHジャパン)、ユニリーバ・ジャパン、資生堂、日本ロレアル、ファンケルなど、趣旨に賛同したビューティ企業の取り組みを紹介する。なお、初日の19日は強風の影響で中止し、20日は予定通り開催する。

LVMHジャパン

メイン会場では、「ディオール(DIOR)」「ゲラン(GUERLAIN)」「ジバンシイ(GIVENCHY)」「メイクアップフォーエバー(MAKE UP FOR EVER)」がジェンダーレスメイクの体験ブースを出展する。2年連続となる「ジバンシイ」のブースではタッチアップのほか、サンプルを配布し、数量限定のレインボーカラーの“4Gロゴ”ステッカーを抽選でプレゼントする。また、日本のプライドパレード30周年を祝し、写真家のレスリー・キーによる写真展を原宿で開催する。世界各国のセレブリティー30組と、LVMHのエグゼクティブ30人を撮り下ろした。

【企業背景・賛同理由】
LVMHは世界80カ国以上に拠点を置き、平均年齢34歳、 190を超える国籍のスタッフが従事する。さまざまなバックグラウンドを持つ人が集まる中で、個人のユニークさ、才能、特異性、視点の違いを大切にすることで、より創造的で革新的に、強くなれることを信念とする。グループ全体でジェンダー平等、LGBTQI+、障がい者、出自(国・社会)、世代、包括的文化の醸成の6つの側面からダイバーシティ&インクルージョンを推進する。

2019年に国連による「職場におけるLGBTIに関するビジネス行動基準」に署名して以来、各ブランド、各地域でプライドパレードへの参加をはじめとした活動をする。日本国内では、20年にプライド月間記念イベントを開催し、ALL LVMH プライドジャパン コミュニティーを設立した。22年からコミュニティーメンバーが「東京レインボープライド」のパレードに参加し、今回初めてグループ全体の協賛へと発展した。

ユニリーバ・ジャパン

ユニリーバ・ジャパンは「あなたらしさが、美しさ」をパーパス(目的・存在意義)に掲げる「ダヴ(DOVE)」など、ブランドや商品に込めたメッセージを紹介する。今年のテーマには「Be Proudであり続ける」を掲げ、来場者に元気を与えるフォトセッションを企画する。

同社はさまざまな部署からの有志の社員が集まり企画・運営する。19年に男性化粧品ブランド「アックス(AXE)」が出展し、ユニリーバ・ジャパンとしての出展は23年に続き2回目となる。昨年は「Be Yourself. Colourful is Powerful.」をテーマに、7000人以上が来場し、メッセージウォールには約600人が「自分が誇らしく思うこと」のメッセージを寄せた。全社員の5.5%にあたる22人が、ブースでボランティアスタッフとして参加した。

【企業背景・賛同理由】
ユニリーバは、「Be Yourself」(自分らしくあること)が、一人一人が最大限能力を発揮し、事業を成長させながら「サステナビリティを暮らしの“あたりまえ”に」というパーパスを実現していく基盤であるとの考えから、エクイティ、ダイバーシティ&インクルージョンを推進する。「東京レインボープライド」は、変化をさらに広げ、誰もが自分らしく、誇らしく、幸せに生きることが“あたりまえ”になる社会を多くの人たちと目指す大切な一歩だと考え、賛同した。

ジョイ・ホー=ユニリーバ・ジャパン社長は、「ユニリーバは多様でインクルーシブな企業だと自負しているが、より公平でインクルーシブな世界をつくるためにはまだなすべきことがたくさんある。多くのLGBTQI+当事者の人たちは今も恐れを抱いて生きている。私たちは声なき声を代弁し、声を広げ、LGBTQI+コミュニティーを含む全ての人々が自分らしくいられるようにしたい。そうすることで世界はよりよくなると信じている。『Colourful is Powerful』」とコメントを寄せた。

ユニリーバ・グローバルの21年の調査では、10人のうち6人が「ビューティ業界が“ふつう”の基準や“美”の理想像をつくっていて、自分の外見をそれに合わせなければならないと感じている」ことや、74%の人が「ビューティ業界は“美”の定義を広げるべきだと感じている」ことを発表。同社はLGBTQI+コミュニティ含む多様な人々を広告に起用する。ジャパン社では、誰もが自分らしく働ける組織文化や福利厚生制度などを整備する。選考過程から性別欄・写真・ファーストネームの記載を廃止する取り組みを進めた。また、同性パートナーにも配偶者と同様の福利厚生制度を適用し、準婚姻契約書の費用を補助する。

資生堂

資生堂は15年から6回目の参加で、24年は5年ぶりにシルバースポンサーとして協賛出展する。ブースでは、来場者に同社のLGBTQ+への取り組みや近隣直営店を紹介したパンフレットの配布を行う。21日のパレードでは資生堂のオリジナルTシャツを着用し、横断幕やレインボーグッズをもって行進する。

過去にはメイクに関心の高い人だけでなく、初心者やアドバイスを受けること自体初めての人が来場した。店頭で接客をしているPBP(パーソナルビューティーパートナー)にもパーソナルビューティー提案の必要性を理解する学びの場となった。

【企業背景】
資生堂は企業使命「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD(美の力でよりよい世界を)」の実現に向けて、社員がジェンダーや年齢、国籍などに関係なく、個々の違いを尊重し合い、シナジーによりイノベーションを生み続ける組織風土を作るため、ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン(DE&I)を重要な経営戦略の柱と位置付ける。美の力によるエンパワーメントや性的マイノリティーへの支持を可視化することで、当事者の方々が自分らしい人生を送れる社会の実現を目指す。

日本ロレアル


日本ロレアルは初参加した23年に続き2回目の出展となる。出展ブースのテーマには「"beauty gives us confidence in who we are and who we want to be"~今の私は美しい。だから、なりたい私も美しい~」を掲げる。21日にドラァグクイーンのモデルによるメイクアップショーを開催するほか、同社商品を使用したメイクのタッチアップコーナー、リップを使用したメッセージボード企画、フォトフレームの写真撮影など、多様な美の実現を応援する体験型アクティビティーを用意する。

社内委員会であるDE&Iを推進するグループのメンバーとアライの有志で構成しされているタスクフォースメンバーが、企画・運営を担う。今年パレードに参加する社員とその家族・友人の数は約250人を予定するなど、社内における認知度も上がっている。23年は開催2日間で1200人が出展ブースに来場した。

【企業背景・賛同理由】
ロレアルグループは、「世界をつき動かす美の創造」をパーパスとして掲げる。美とは多様で公正、包摂的なものと考え、「社員の人権に関する方針」を定め、社員に対する、ジェンダー、性自認、性的指向、障がい、年齢、国籍、宗教などの理由に基づくあらゆる差別を一切許容しないことを宣言し、社内外でDE&Iを推進する。この取り組みの一環として、「東京レインボープライド」へ出展・協賛した。

ファンケル

ファンケルのダイバーシティ推進を目的とした取り組みを展示し紹介する。当事者が求めるサービスや商品情報、企業へのアライの理解度などについて、来場者にシールアンケートを実施する。昨年は初めて「東京レインボープライド」に出展し、来場者とのコミュニケーションから多くの学びを得たことから、2回目となる今年も出展を決めた。

【企業背景】
ファンケルはさまざまな価値観や考え方を持つ多様な人材の活躍の場を提供すべく、17年にダイバーシティ推進スローガン「みんな違ってあたりまえ」を制定した。女性活躍や障がい者雇用の促進し、性的指向や性自認に関わらず誰もが自分らしく生き生きと働ける社会の実現を目指す。具体的には、LGBTQなど性的マイノリティーに対する理解促進のための社内研修や、従業員による有志団体「LGBTQアライ」の設立、パートナーシップ規程の策定など環境整備を進めてきた。

■東京レインボープライド2024
開催日:4月19〜21日
場所:代々木公園イベント広場、ほか協力施設、公共スペース
参加費:プライドパレードとプライドフェスティバルは入場無料、他プログラムは施設入場料及びプログラム有料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。