ビューティ

化粧品ブランドが米国で急速に政治化した理由【ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ファッションとビューティ、オフラインとオンラインを結びつける「WWDジャパン」がスタートするビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のビューティニュースを起点に識者が業界の展望を語る。識者は、美容媒体の編集長やコンサルタント、エコノミスト、そしてサロンスタイリスト。ビューティ業界の半歩先は、ファッション業界の“道しるべ”にもなるだろう。今週は、間近に迫った米大統領選にまつわるビューティ業界の動きについて。

今週の識者

矢野貴久子/アイスタイル「BeautyTech.jp」編集長

 一瞬、「何かのパロディー?」と思った、ツイッターのタイムラインに突然現れた#BidenBeautyの文字と真っ青な化粧品スポンジ。公然とジョー・バイデン(Joe Biden)民主党大統領候補を支持する化粧品ブランドが誕生したことに気付くまで、数秒の時間が必要だった。2020年9月30日に突如登場した「化粧品ブランド」は、匿名のチームが運営している。美容業界メディア「コスメティックビジネス」によれば、このブランドはバイデンとカマラ・ハリス(Kamala Harris)民主党副代表候補の陣営からも承認を得ており、売り上げは「バイデン・ビクトリー・ファンド」に100%寄付されるという。

 ここまで極端ではないにしても、半ば公然とバイデンとハリスを支持するブランドも現れ始めた。「ビューティベイカリー(BEAUTY BAKERIE)」はバイデン候補をサポートする組織とコラボした。「グロシエ(GLOSSIER)」や「ザ リップ バー(THE LIP BAR)」などミレニアル世代に人気のブランドも、ミシェル・オバマ(Michelle Obama)の非営利団体「When We All Vote」とパートナーシップを組んでいる。

この続きを読むには…
残り2182⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。