ファッション

アパレル販売員の仕事が膨らませた「夢と未来」

有料会員限定記事

 「ゾゾタウン」を運営するZOZOは10月22日から、お笑い芸人やインフルエンサーら18組とD2Cブランドを作る「ユアブランドプロジェクト」をスタートした。その中の一人がブランド「ペルナ(PERNA)」をスタートしたAyaさんだ。1992年6月生まれの28歳で、1年半前に夫の仕事で福岡県から上京。そのときから本格的にインスタグラム(@ati________21)をスタートした。現在のフォロワー数はインスタグラムが2.2万、WEARが約1万で、ZOZOの今回のプロジェクトに応募し、選出された。背の高いAyaさんのインスタはアパレル販売員時代に培ったスタイリングや接客のノウハウをベースに背の高い女性に向けたコーディネート発信が特徴で、「ペルナ」も古着テイストの背の高い女性に似合うワンピースが主力になる。(この記事はWWDジャパン2020年11月2日号からの抜粋です)

 Ayaさんは中学生のときから高校を卒業するまで、弟と一緒に児童養護施設で過ごした。アパレル販売員になったきっかけは、施設でのある出来事だった。「児童養護施設では季節ごとに、衣料品の購入費として1万円を渡された。けどそのお金は下着や靴下に使わねばならず、かわいくてオシャレな服は、いつも遠くから見ることしかできなかった。背が高かったので、施設でもらえる服は似合わなかった。私も同級生みたいにかわいい服を着てみたかったけど、中学生のときはいつもジャージを着ていた」。

 高校生になってアルバイトができるようになると、Ayaさんはずっと憧れていたアパレルの販売員のバイトを始めた。高校卒業後はそのまま就職し、働くブランドは変わっても出産を機に退職するまで約7年間、仕事はずっとアパレル販売員だった。

この続きを読むには…
残り1024⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。